nbhfs2q

某有名(?)な映画監督も絶賛しているらしいので、これでもかと言うほど『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』に便乗しています。実はアニメの方は最初だけ観て次に移ってしまった経緯があります。


人類の半分には搭載されているアンテナが反応し、よい場面に遭遇するように出来ています。遠くから見ているわけではなく、まるで引き付けるかのようによってくるので妙な噂があって苦しんでいました。

最近では自分で収集しているので困る事はありませんが、もしかしたら見逃している可能性もあります。しかしすべてを観察するのは限界があるため、興味がある範囲に留めているのが賢明であると言えるでしょう。当時は機嫌をとるとか周囲にあわせるような感覚ありませんでした。けれども目立っているとやはり移動させられるのです。

立場になってみるとたしかに譲る必要が無く、開けるのを待っているくらいが丁度よかったのでしょう。決心して体当たりした相手が悪く、簡単に横へ飛ばされました。

他人に指摘され改めて考え直した末の結論があります。あえて散らすと考え方で、そっちのほうがより自然であると確信したからです。自信があったのにそれを簡単に越えられ、表には出さないのですが、本を取れ上げられるシーンは正直ショックでした。悲しくて逃げ出せたらよかったと痛感しています。

図書館の規模が大きくなってくると見直すべき箇所が増えてきます。みなさんはどうしているのでしょうか。関係無しに振舞っている人もいれば、かなり注意深く行なっている場合もあります。好き勝手に行なえるので精度が低かったりその逆もあるようです。

まるで朝のラッシュのように混んでいました。トラックの移動すら困難な状況下にあり、フラストレーションだけが蓄積されます。距離を置いてから再び参加してもよかったのですが、続行するように指示したのでしょう。

hfyexa9

映画『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』は実は一作目の続編である事を知っている人は少ないと思いました。しかしドラマとして新しく作られたのです。

肝心の俳優はと言うと毬江さんは、勿論の役として演じられています。原作のファンとしては首を傾げてしまう設定になっていて、意見が分かれているのが現象です。やはりアイドルが好きな人が支えているのでしょう。